ひきこもりUX会議

生きづらさや孤独を解放し、
人生と社会をリデザインする

SCROLL

NEWS

MORE
ひきこもりUX会議とは ひきこもりUX会議とは

ABOUT

ABOUT US & OUR VISION

一般社団法人ひきこもりUX会議とそのビジョン

生きづらさや孤独を解放し、
人生と社会をリデザインする

「ひきこもりUX会議」は、不登校、ひきこもり、発達障がい、セクシュアル・マイノリティの当事者・経験者らで立ち上げたクリエイティブチームです。

ひきこもりをはじめ、人とかかわる困難さ、居場所のなさ、“ふつう”や“こうあるべき”と違うこと──さまざまな背景に起因する「生きづらさ」。わたしたちはそのすべてを「Unique eXperience(ユニーク・エクスペリエンス=固有の体験)」と捉えています。他者と共有しあうことでこれまでとはちがった価値を帯び、本人や誰かの生き方をポジティブに変えたり、こわばっていた思いや考え方をやさしく氷解させてくれる。個人の「UX」はそんな可能性に満ちています。

生きづらさを通じて、得たもの、失ったもの。それを発信し、誰かと共有し、フラットなつながりをひろげ、しなやかに、おだやかに生き抜いていく方法を提案したい。
既成のシステムになじまない人をお仕着せの「ふつう」へと変えようとするのではなく、また「就労」や「自立」へと性急に駆り立てるのではなく、あなたやわたしたちが「ほんとうに大切にしたかったもの」を見つけたい。

世のなかのひずみや嘘に耐えがたく身を潜めているひとたちの声があつまり、少しずつ風向きを変え「誰もが生きやすい社会」へとつながっていくと信じています。

そんな思いのもと、わたしたちは風上から風下への「支援」とは一線を画したさまざまなイベント、調査、制作物やメディアを通じて、「UX=固有の体験」を出会わせ、発信・表現し、一人ひとりが自分の人生を自分でデザインできる社会を目指して活動しています。

わたしたちは独りではありません。あなたのかけがえのない「UX」を持ち寄って、新たな未来像をともに描き出しましょう。

ACTION

わたしたちの活動

個々人の背景からくる生きづらさを抱えた当事者・経験者同士、家族や支援に携わる人や企業など、立場や背景を超えて交わることのできる機会をつくります。

◇場をつくる
自助会から、どんな人でも参加できるものまで、「UX」を持ち寄るさまざまなイベントや集まりを企画します。

◇調査と発信
ひきこもりや生きづらさを抱える当事者向けの実態調査を行います。調査を通じて、まだ可視化されていない当事者の存在や、声を広く発信します。

◇語る
メンバー自身の「UX=固有の体験」を文字や言葉にします。

WORKS

2018

ひきこもりUX女子会

「ひきこもりUX女子会」

東京、関西を中心に継続開催中

ひきこもりUXフェス

「ひきこもりUXフェス VOL.2」

開催日:2018/2/25
参加人数:300名
開催地:東京ウィメンズプラザ/全室

◆「日本財団2017年度助成事業」として助成を受けて実施

日本財団ロゴ

2017

ブックレットひきこもりUX女子会

「ブックレット『シリーズ生存戦略 ひきこもり女子会』」

発行:2017年9月21日

◆男女共同参画センター横浜南の「2017年度公募型男女共同参画事業」として助成を受けて制作

ONLINE SHOP

「女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017」

実施期間:2017年9月~12月
有効回答総数:369件
2018/2/25ひきこもりUXフェス VOL.2にて「結果の概要」発表

◆「日本財団2017年度助成事業」として助成を受けて実施

日本財団ロゴ
ひきこもりUX女子会

「ひきこもりUX女子会」

関連企画参加人数:のべ955名

MORE

2016

ひきこもりUX女子会

「ひきこもりUX女子会」

開催回数:6回
参加人数:のべ287名
開催地:表参道、京都

ひきこもりUXフェス

「ひきこもりUXフェス」

開催日:2016/4/16
参加人数:400名
開催地:大田区産業プラザPiO/2F 小展示ホール

◆LUSH「チャリティバンク助成事業」として助成を受けて実施

2015

ひきこもり×おしゃれカフェ

「ひきこもり×おしゃれカフェ」

開催日:【第一期】2015/07/10, 7/22
開催日:【第二期】2015/10/8, 10/23
開催回数:4回
参加人数:のべ80名(4回開催)
開催地:フォーラム南太田

◆男女共同参画センター横浜南の「2015年度公募型男女共同参画事業」として助成を受けて実施

2014

ひきこもりUX会議2014

「ひきこもりUX会議」

開催日:2014/11/30
参加人数:320名
開催地:東京ウィメンズプラザ/ホール

MEDIA

2018

2018/02/26

AERA 2018年3月5日号

はたらく夫婦カンケイ 林恭子

2018/02/26

AERA 2018年3月5日号

「ひきこもりUX会議」が女性のひきこもり全国調査を実施
既婚女性も「ひきこもり」

2018/02/25

NHKニュース

ひきこもりの人たちへの支援の在り方考える 東京 渋谷

2018/02/24

神奈川新聞

ひきこもり半数5年超 高齢化、30代以上7割 女性の経験者実態調査

2018/02/19

Yahoo! JAPANニュース

「迫りくる貧困・介護問題とひきこもり女子 ひきこもりフェス開催へ!」

2018/02/13

朝日新聞 夕刊

「みんなはどう?」自信が持てた瞬間、どんなとき?「ひきこもりUX会議」代表理事・恩田夏絵さんから 女子組

2018/01/30

ライブドアニュース

NHKの番組が「ひきこもり女子会」を特集 Twitterで共感の声

2018/01/29

NHK「ニュース シブ5時」

深刻!女性の引きこもり 日常に潜むきっかけとは

2018/01/29

NHK「おはよう日本」

なぜ“女性のひきこもり”は見過ごされてきたのか

2018/01/01

神奈川新聞

ひきこもり女子会、全国を巡回 苦しむ女性に声届け 当事者向け冊子も制作

2017

2017/12/17

RKBラジオ 「インサイトSUNDAY」

2017/12/14

NHK クローズアップ現代+ 「アラフォー・クライシス」

2017/12/09

NHKラジオ 「NHKマイあさラジオ」

2017/12/05

nippon.com 「当事者が語るひきこもりの気持ち:林恭子さん」

2017/11/28

西日本新聞

つながる場を求めて「女子会」 ひきこもり経験者グループが全国巡回

2017/11/14

女性自身 2017年11月14日号
★Yahoo!トップ

「“ひきこもり女子会”で勇気と仲間得た」…参加者密着ルポ

2017/11/03

産経新聞

「ひきこもりUX女子会」冊子制作

2017/11/02

毎日新聞 夕刊

話そう ひきこもり女子

2017/11/02

中日新聞

生きづらさを抱える女性だけの交流会

2017/10/24

中部経済新聞

広がる、ひきこもり女子会 全国を巡回、冊子も登場

2017/10/22

北海道新聞

ひきこもり女性 必要なのは「共感」

2017/10/18

福井新聞

男性の目気にせず 苦しみ共有「ひきこもり女子会 広がり」

2017/10/18

四国新聞

広がる「ひきこもり女子会」思い語り踏み出す力に 高松など全国を巡回

2017/10/18

岩手日報

ひきこもり女子会 共感広がる 人とつながる一歩に 全国展開、盛岡では初

2017/10/17

日本経済新聞

広がる「ひきこもり女子会」全国を巡回、冊子も登場

2017/10/17

東京新聞

ひきこもり女子会 悩み共有「働く」「親子」「恋愛」テーマに

2017/10/17

朝日新聞

非正規独身女性 福祉のはざまで(届いていますか 衆院選)

2017/09/22

AERA dot.
★Yahoo!トップ

ひきこもり女子会が盛況な3つの理由 実態調査から漏れる主婦、家事手伝い…

2017/09/20

北海道新聞

2017/09/20

朝日新聞

2017/09/07

ダイヤモンド・オンライン

「引きこもり女子会」に続々と集まる女性たちのホンネ

2017/09/07

産経新聞

苦しさ共感 社会への一歩 ひきこもり 語り合う「女子会」

2017/09/01

産経新聞

ひきこもり女性が「女子会」!? 彼女たちはナゼ集まるのか

2017/08/15

Yahoo!トピックス
★Yahoo!トップ

「見えづらいひきこもり女性」 調査でこぼれ落ちる理由

2017/08/09

神奈川新聞

女子会広がれ 草の根 引きこもり、悩み...共有の場

2017/02/27

毎日新聞

ルポ:男子禁制 ひきこもり女子会「一人じゃない」実感こそ

2017/01/09

TBSラジオ
いち・にの三太郎

2016

2016/11/30

神奈川新聞

「ひきこもり女子会」女性が語らう生きづらさ

2016/11/15

THE BIG ISSUE VOL.299

ひきこもり女子会 林恭子さんに聞く

2016/11/15

不登校新聞 446号

ひきこもり女子会、回を重ねるごとに参加者増

2016/11/02

読売新聞

論点スペシャル ひきこもりを経験して

2016/10/19

2016/09/28

朝日新聞南京都版

悩み語る「ひきこもり女子会」宇治で10月3日

2016/07/16

withnews

「ひきこもり=男性」じゃない! 女性当事者が見つけた居場所とは

2016/04/30

TBSラジオ 土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!

2015

2015/07/03

朝日新聞朝刊神奈川版

2015/06/01

AERA 6/8号

「当事者たちの「脱ひきこもり」」

2015/01/14~21

ひき☆スタ

「ひきこもりUX会議」で訊いてみた。

【①岡本圭太さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10337/

【②丸山康彦さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10357/

【③石崎森人さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10364/

【④小林博和さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10369/

【⑤林恭子さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10373/

【⑥勝山実さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10376/

【⑦川初真吾さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10378/

【⑧恩田夏絵さん】 http://hkst.gr.jp/interview/10380/

MEMBER

ひきこもりUX会議メンバー ひきこもりUX会議メンバー
hayashi

代表理事 林 恭子
HAYASHI Kyoko

[ 新ひきこもりについて考える会世話人 ]
[ ヒッキーネットメンバー ]

高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験。信頼できる精神科医や同じような経験をした当事者たちと出会い少しずつ自分を取り戻す。仕事の傍ら2012年から神奈川の仲間たちと当事者発信を開始し、現在は全国で講演等を行っている。2016年ひきスタ運営委員、2017年男女共同参画センター横浜南運営協議会委員

onda

代表理事 恩田 夏絵
ONDA Natsue

[ ピースボート・グローバルスクールコーディネーター ]

1986年生まれ。小2から不登校。その後、ひきこもり、リストカットなどを経て定時制高校を卒業するが、“生きること”への希望を見いだせず、人生最期の旅のつもりで地球一周の船旅へ。様々なヒトと出会うことで“生きること”の多様性を実感。死ぬのをやめて就職する。企画運営、デザインを担当する傍ら、2010年に洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校、2017年までで卒業生は150名を超える。2013年6月に、同性パートナーと東京都庁で結婚式を挙げる。

ishizaki

理事 石崎 森人
ISHIZAKI Morito

[ ひきポス編集長 ]

1983年生まれ。幼い時から生きづらさを抱え、24歳から2年半ほどひきこもる。ひきこもりから脱した経緯や試行錯誤を『不登校新聞』で「ひきこもるキモチ」として連載。現在は家族と起業した会社で社内情報システム、マーケティングや新卒採用の傍ら、ひきこもり当事者/経験者発信メディア「ひきポス」の編集長などの活動をしている。

kawahatsu

理事 川初 真吾
KAWAHATSU Shingo

[ 一般社団法人コヨーテ 代表理事 ]

1973年生まれ、仙台出身。映像、出版、広告の世界を経て、ひきこもり当事者と共に新しい働き方やくらし方を創造する「一般社団法人COYOTE」設立、代表理事就任。2012年ソーシャルビジネスグランプリ受賞。対話からひきこもりのポジティブな未来像を描き出す「ひきこもりフューチャーセッション 庵 -IORI- 」ディレクター。ADHD診断済。ひきこもりの弟二人。脳性まひの娘一人。根城は新宿ゴールデン街。

muroi

理事 室井 舞花
MUROI Maika

[ 教科書にLGBTを!ネットワーク共同代表 ]
[ Love is Colorful主宰 ]
[ Next Commons Labディレクター ]

1987年生まれ。13歳で自分の性的指向が同性に向いているのではないかと感じはじめる。中高時代は誰にも打ち明けられず、18歳でカミングアウト。多様な人たちが違いを超えて生きられる社会を目指し、当事者の立場から発信を続ける。現在は、岩手県遠野市と東京を行き来する生活。著書に『恋の相手は女の子』(岩波ジュニア新書)がある。

CONTACT

ひきこもりUX会議

MAIL 
info@uxkaigi.jp

ONLINE SHOP 
https://uxkaigi.base.shop/

FOLLOW

twitter
border
facebook

ご寄付のお願い

一般社団法人ひきこもりUX会議では継続して活動をするために寄付金を募集しています。みなさまのご支援を、よろしくお願いいたします。